初めての爪の磨き方

初めて爪をのばしてギターを弾く

2022年2月13日にzoomで講座を開き、爪のカット、研ぎ方の講習をしました。
クラシックギターは右手指先で演奏します。
そのときに爪を少しのばしていると音量が大きくなり、音色の変化もつけやすくなります。
ただし、ただ、のばしっぱなしにしていると、かえって弾きにくく、きたない音になってしまいます。
そこでカットの決め方、研ぎ方を説明いたしました。

爪のカットの形はお手本があるわけではなく、一人一人指の長さ、太さが違います。
ご自分の弾き方にあった形を作っていかなくてはいけません。

ここでご説明するのは難しいのですが、弦をリリースする時にひっかからないように研いでいきます。
また、弦が爪をどのように通過したかを「感じる」感覚を養っていくことが大切です。

受講できなかった方に向けて簡単な説明図を作りましたのでご覧いただけるとうれしいです。
こちらをクリックしてくださいね
↓↓↓
爪の磨き方

慣れるまで少し面倒ですが、是非トライしてみてください!

関連記事

  1. ギターを始めるのに「楽譜が読めないから」は関係ない! 楽譜コンプレック…

  2. 家では上手く弾けたのに。。。

  3. 日本の誇るギタリスト登場!

  4. クラシックギターを弾くのに五線譜は必要なの?