ギターのコンサート、アマチュア演奏の素晴らしさ

久しぶりに「ギターのHappyコンサート」を開催しました。
ギター教室の生徒さん達の発表の場として毎年開催していましたが、コロナ禍で開催を中止していました。

このコンサートシリーズは日頃、練習を重ねた曲を聴衆の皆様と共に楽しむ会です。
発表会とは違う、少しあらたまったコンサートですね。

今回は、小川賢児さん、中島聡さん、河原稔さん、の3名の生徒さんが演奏してくれました。

久しぶりの舞台ということもあり、出演者の緊張は100%MAXですが、それでも精一杯、心を込めて演奏しました。

コンサートプロのような完璧な演奏ではありませんが、曲に対する想いが伝わる名演でした。

アマチュアの演奏の良さは、曲に真摯に向き合っている様子に心が洗われます。

大人になると、仕事以外に必死になって取り組むことって少なくなってしまいますね。

それなのに、何年も何十年もギターに向かい合い、1曲を長い月日をかけて仕上げる。

その姿に感動してしまいます。

ギターが好き、この曲が好き、という想いが伝わってきます。



後半はゲスト演奏。

今回の奏者は当教室の講師も務める岡本和也さんです。

映画「マチネの終わりに」で有名になった「大聖堂」そして「オーバーザレインボー」や「イエスタディ」「七つの子」「赤とんぼ」という幅広いレパートリーを披露してくれました。

やはり生演奏は素敵ですね。

今回もコロナ感染予防として、入場数を25%にしていましたので多くの方に聴いていただけず残念でした。

早く安心してコンサートが楽しめる日が来ますように!

次のコンサートも楽しみにしています。

ギターコンサート案内は、LINE公式でもみられます。

よろしかったら友だち追加”お願いいたします。

友だち追加

 

関連記事

  1. ギター発表会はドキドキする?

  2. 林祥太郎クラシックギターコンサート